(有)塩谷魚店  青森の地魚・鮮魚を、熱い目利きにより厳選して、宅配します。

天然越冬真鯛


良い時期は10月半ば〜末
11月初旬に入ると終わりになって行きます。


前もってのご予約をお勧めいたします。

越冬真鯛

青森では春先の真鯛もサッパリして美味しいのですが、これから晩秋にかけ産卵を終え冬場に深場に落ち、越冬するための体力と脂肪を蓄えるために、
ホタテの養殖棚の周りに甲殻類やホタテを食べに集まります。

餌を荒食いする真鯛の脂の質が良くなり、下ろし身にすると、
身が飴色のような光沢のある鯛になっていきます。

水温が低下する9月の後半から11月初旬まで、この越冬真鯛が見え、
美味しくなる時期です。

真鯛活〆


活真鯛

2017今年の状況

今年は例年より早めに良くなり始めております。
今年の特長として、メインの餌のホタテをより一層捕食しているようです。そんな年は鯛が旨くなるパターン。
これから10月いっぱいは期待

塩谷の越冬真鯛

ホタテ漁業志とのチームワークの鯛

越冬真鯛を1尾1尾丁寧に釣り上げ、船上で特殊な方法でエアー抜きをし、
一番良い状態で浜に持っていきます。生簀で1日2日鯛の体力の回復や、
弱い物がないか活かし込み、出荷時に漁師さん達がお互いの釣り上げた鯛をチェックし、そして、塩谷が最終の目利きをして、
合格した物だけを出荷するこだわりです。

そして、厳しい話ですが、ダメな鯛を多く出し続ける方はチームから除外される方式をとっています。 そのようなこだわりを持って出される鯛です。

ホタテ漁業志

鯛の鱗が取れず、鯛にダメージを与えないように手間がかかりますが、
1匹づつザルですくい、活魚車に運びます。

活真鯛活真鯛活真鯛

◆清水川のホタテ漁業志とその仲間たちと私のチームワークで送る、
最高の鯛です!

出荷時、着荷の状態を考えながら活け〆します。

◆週2〜3回の入荷で、11月初旬位まで水揚げがあがります。

脂の質も切れがよく、お刺身はもちろん、寒くなると鯛しゃぶなどにして食べると旨さが分かります。お造りはしょうゆで食べても美味しいのですが、塩で食べるとまた本当の鯛の旨さが分かりますよ。


-----作:塩谷 孝-----

(有)塩谷魚店

(有)塩谷魚店購入方法

朝7:30〜12:00、午後2:30〜4:00

※担当者不在の場合、ご注文内容により、
改めてこちらからお電話させていただきます。

※商品内容により、Fax用紙に記載が無い物もございます。備考欄をご利用下さいませ。

お支払い方法、運賃など、詳しい内容は
「購入方法」をご覧下さい


宅急便コレクト お届け時カード払い
宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

掲載されているオリジナル画像などのご利用はフリーにしておりますが、著作権は放棄いたしておりません。

塩谷魚店バナー